読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私記録

日常の記録です。

最近あった10のこと

1:正しいお箸の持ち方をしている人が少ない。

社会人になって、上司と食事をする機会ができた。

そこで気になるのが、お箸の持ち方。

もともと、他人の食事の仕方を気にする私は、

無意識に他人のお箸の持ち方を確認しているようで。

お茶碗が左に置かれていること(右利きの場合)や食べ方も含めて。

案外、正しいお箸の持ち方をしている大人が少ないことに気づいた。

がっかりもした。

と同時に、自分が親にしっかり教えられてきたことに感謝した。

 

2:セックスアンドザシティーは何度観ても面白い。

私は、女友達と連むのが苦手で、

会話にユーモアがないどころか話し下手で、そして恋愛経験も少ない。

つまり、SATCは私の憧れ。

ファッションにももちろん魅了されている。

「あんな風に毎日ハイブランドの服を着たいな」とか、

「パーティードレスをあの4人のようにさらっと着こなしたいな」とか。

でもどっちかっていうと、人間関係やユーモアに惹かれている。

毎日聞いてほしくなるようなことがあって、

実際にそれをユーモア交えながら話して笑って、

時にはぶつかり、言い合って。

私には、できていないことばかり。

いつまでも、なにもかもが、憧れ。

 

3:自己啓発本がとにかく苦手。

苦手というか、とにかく心に響かない。

それ以前に頭に入ってこない。

他人に興味がないにしても程があるなぁ私。

 

4:今更ヨガ始めてみた。

来月から週一で通うことにしました。よし。

 

5:距離を置こうと決めた男性に、結局自分から連絡をしてしまった。

恋人でもなければ、いい感じに距離が縮まってきているような相手ではない。

私の片思い。

軽く扱われたことに腹を立てた私は思わず彼のラインをブロック。

中学生かよ!と自分にツッコミを入れながらもね。

それでも、ブロックしてもいいと思ったの。

その時は、私のこれからの人生に彼は必要じゃないし、

彼の人生に私なんて全く必要じゃないと思ったから。

この部分は今も変わらずなんだけど、でも理性より感情。

セックスアンドザシティーにもありました。

結局、恋愛は感情なんですよね。

何かが突然湧き上がってきて、連絡をしてしまったとさ。

 

6:何も変わっていない。

今日一目惚れで購入したヒールの写真をインスタグラムにあげたところ、

知人から「そのヒールなしバージョン私持ってるよ!」のコメント。

どタイプな靴を手に入れて、気分るんるんだった私のテンションがいっきに下がりました。

昔からそう、私は独占欲が強くて、自分を特別視しているところがある。

その知人を下に見ている自分の醜い姿に気づきました。反省。

 

7:お金のかかる23歳

まぁそんなこともあったけど、今日はほんとに良い休日だった。

朝ヨガ(入会費含¥14000)して、お昼ご飯代わりに大好きなフルーツジュース飲んで(¥600)、ネイルして(¥2200)、靴を買って(¥25000)、今度はデパ地下で大好きなチョコレートを買って(¥3000)。

友達いないくせに、一人で過ごす休日がとっても贅沢。私の中ではね。

 

8:ちなみにネイルはティファニーブルーカラーで。

ティファニーブルー、ハマってるの。今春のマイカラー。

 

9:明日はきっと悪いことが起きる。

今日という1日があまりにも優雅だったから、

明日は寝坊するか、仕事で大きなミスをするか、親と喧嘩するか、怪我でもするか、何か悪いことが起きるんじゃないかと今から恐れています。割と本気で。

 

10:自分を労わることの大切さを実感。

明日への不安がありながらも、やっぱり今日は良い1日だった。

なんでかって、自分を労ることができたから。

自分を労ること、自分のために行動することはとても気持ちが良くて、

それができた日は周りにも優しく、親切になれるんだと思いました。

 

以上、最近あった10のことでした。

 

レイニーチャレンジ

春が来たと思えば、雨。

 

残暑が終わりに近づき秋に変わろうとする時期、

日が落ちる頃には冷たい風が身体をすり抜けていく。

半袖姿では肌寒く、羽織りものが欲しくなる。

私が大好きな時期。

 

今日はその瞬間を感じた。

身体を通り過ぎていく冷たい風と、独特な懐かしさを思い出させる雨の匂い。

 

悪天候のせいで普段通りにやり過ごせないことから、

いらいらする時もある。

 

だけど、いつもより物事に対して感傷的になったり、

ノスタルジックに思えたりする。

そして、ふと自分自身と向き合いたくなって、

その時間を大切にしようと気づかされる。

「こんな日も悪くないか」と腑に落ちてしまう。

 

私はやっぱりこの時期が大好きだ。

 

実際のところ、今日はいらいらしている場面が一日のほとんだだった。

おかげで自分とも上手く向き合えていない。

 

三十分頃前に、ブログの存在をふと思いついた。

今まで、自分の胸の内を記し表すことは恥ずかしいと思っていたが、

言葉で何かを表現することにチャレンジしてみたい、と

考えていた過去の自分の姿さえ思い出した。

 

思い切った結果が今である。

「あぁ、こんな日も悪くないか」と思えてきている。

 

何が言いたいのかというと、

そんなこんなでブログ始めてみました。